2018.09.27 リハビリテーション支援ロボットウェルウォークを導入しました

ウェルウォークはトヨタ自動車と藤田保健衛生大学が開発しました。運動学習理論に基づき、様々な支援機能を備え歩くことを支援します。
医師の指示のもと、主には片側の下肢機能障害(例えば脳卒中後片麻痺)を有する方を対象とします。病気や体の状況によっては使用できないこともあります。

導入により発症早期より歩行練習が可能となり入院期間の短縮や高いレベルでの歩行能力の獲得も期待できます。

地域の皆様のご期待に応えられるようスタッフ一同努力してまいります。

ご質問等ありましたらお気軽にお声かけください

リハビリテーション部 ウェルウォークチーム

内容はポスター(PDFファイル)をご覧ください。